社会教育関係団体(サークル)について

更新日:2020年02月28日

社会教育関係団体とは

湯沢町では文化芸術・スポーツ・生涯学習等の自主的な活動を行っているグループやサークルなどの団体に対して、その活動を活性化し支援すために、公民館などの町の施設を有効に利用できるように、社会教育関係団体の登録制度を行っています。

登録の主な要件

  1. 会員が自主的、主体的に運営していること。
  2. 活動内容が営利目的や政治・宗教的な活動、あるいは公序良俗に反する活動でないこと。
  3. 団体の組織及び活動の為に規約や会則を有していること。
  4. 構成員が5名以上で7割以上が町内在住、在勤又は在学していること。

社会教育関係団体と私塾・文化教室との違いとは

会の運営が講師に依存した教室的なものは登録できません。

社会教育関係団体と私塾・文化教室との違い

社会教育関係団体

私塾・文化教室

講師は会員総意で決めます。

講師中心で縦の人間関係になります。

経理は会員の互選により係りの者が行い、会費の経理内容は監査を受けて会員全員に公開します。

個人が直接、経営者もしくは講師に月謝として支払います。経理内容は通常公開しません。

会員の総意で民主的に運営します。

私塾、文化教室の経営者若しくは講師自らが運営します。

公民館等を中心に自主的に活動します。

公民館の使用は有料となり制限が加わります。

登録申請に必要な書類

添付書類

添付書類は任意の様式でも可能です。ただし、配布している様式の内容を含んでいるものに限ります。

施設使用について

社会教育関係団体は、湯沢町公民館や旧小学校体育館等の減免対象になります。
町の事業等で希望日に使用できないことがありますので、ご了承ください。

旧小学校体育施設使用願については、カルチャーセンターまでお問い合せ願います。

この記事に関するお問い合わせ先

子育て教育部 教育課 教育係

〒949-6102
新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立1580番地
電話番号:025-784-2211
ファックス:025-784-3583

メールフォームによるお問い合わせ