大源太山

更新日:2020年08月07日

「げんた」は方言で、四角い木材のことを言い、山容が角張っていることから名づけられました。「東洋のマッターホルン」とも呼ばれ、下から見上げる山容は美しく、登頂意欲をそそる山です。渡渉、急登、やせ尾根、岩場と変化に富み、登山技術のレベルアップに最適なコースです。

大源太山

概要

  • 登山適期:5月中旬から10月下旬
  • 歩行時間:約4時間40分
  • 難易度:中級者向け(日帰りコース)
  • 花:紅葉(10月下旬)

見所「眺望」

森林限界へ出てからの展望は素晴らしく、谷川岳や蓬峠、七ツ小屋山、朝日岳、巻機山など、一大パノラマが望めます。

注意箇所

渡渉点は、雪解け時期の5月いっぱいは、午後になると増水することがあり、渡れないことがあるので注意が必要です。また、渡渉点から森林限界までの間にあるまっすぐな急勾配、頂上直下の岩場(特に下り)は注意して歩行してください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業観光部 観光商工課

〒949-6192
新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話番号:025-784-4850
ファックス:025-784-3582

メールフォームによるお問い合わせ