保険料の決め方

更新日:2020年04月27日

保険料は、被保険者の前年度中の総所得金額等や世帯の所得状況により、個人単位で賦課されます。

保険料(年額)の計算方法

平成30年度から保険料率が変わりました。
保険料は、被保険者が等しく負担する「均等割額」と所得に応じて負担する「所得割額」の合計となります。
保険料(年額)=均等割額+所得割額
「均等割額」は一人当たり36,900円
「所得割額」の算出方法は、
(前年中の総所得金額-基礎控除額33万円)×所得割率7.40%

保険料の軽減制度

所得の低い世帯の方

均等割額の軽減

世帯の所得状況に応じて軽減されます。軽減割合は、同一世帯内の被保険者および世帯主(被保険者でない方も含む)の合計所得金額により判定します。軽減割合は8.5割、8割、5割、2割軽減があります。
これまでの9割軽減にあたる所得の方については、平成31年度は8割軽減、令和2年度以降は制度本来の仕組みである7割軽減に戻ります。また、8.5割軽減にあたる所得の方については、令和2年度は7.75割軽減、令和3年度以降は制度本来の仕組みである7割軽減に戻ります。

所得割額の軽減

平成30年度から所得割額の軽減制度が廃止されました。
平成29年度の所得割額は特例的に2割軽減されていましたが、平成30年度からは本来収めていただく所得割額になります。

制度加入前日まで職場の健康保険等の被扶養者であった方

平成29年度の均等割額は特例的に7割軽減されていましたが、平成30年度は5割軽減になります。平成31年度以降は、資格取得後2年間のみ5割軽減になります。所得割額はかかりません。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

税務町民部 町民課

〒949-6192
新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話番号:025-784-3453
ファックス:025-784-2724

メールフォームによるお問い合わせ