生産性革命の現実に向けた固定資産税の特例措置の拡充・延長について

更新日:2020年05月21日

生産性革命の現実に向けた償却資産に係る固定資産税の特例措置について、適用対象を拡充するとともに、適用期限を2年延長します。

対象

  • 機械及び装置、器具及び備品、工具、建物附属備品。
  • 事業用家屋は取得価格の合計額が300万円以上の先端設備等とともに導入されたもの。
  • 構築物は旧モデル比で生産性が年平均1%以上向上する一定のもの。
     

期間

生産性向上特別措置法の改正を前提に令和4年度までの2年間に限り延長。

特例割合

湯沢町においては、特定割合をゼロと定めています

特例措置の概要

中小事業者等が、平成30年6月6日から令和3年3月31日までの期間内に、生産性向上特別措置法に規定する認定先端設備等導入計画に従って、新規に取得した先端設備等に該当する一定の機械及び装置、工具、器具及び備品並びに建物附属設備に対して課す固定資産税の課税標準を、最初の3年度分に限り課税標準となるべき価格にゼロ以上2分の1以下の範囲内で市町村の条例で定める割合を乗じて得た額とする特例措置です。

参考

この記事に関するお問い合わせ先

税務町民部 税務課

〒949-6192
新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話番号:025-784-3452
ファックス:025-784-2724

メールフォームによるお問い合わせ