下水道使用にあたっての注意事項

更新日:2020年02月28日

下水道を正しく使わないと、家などの排水設備に重大な損傷を与えるだけでなく、汚水処理施設が壊れてしまう場合があります。みなさんの下水道です。正しく使いましょう。

ガソリンや灯油が入らないようにしましょう

ガソリンや灯油も油脂類と同じように水処理が出来なくなるばかりでなく、施設内で爆発する恐れがあったり毒性ガスを発生させたりしますので「絶対」に流さないでください。

強い酸性やアルカリ性の「洗剤」などには注意してください

強い酸性やアルカリ性の排水は、下水管やマンホール、処理場施設などの構造物をしだいに侵食し、穴があくなどの破壊を起こすばかりでなく、活性汚泥菌を死滅させるなどして、水処理が出来なくなってしまいます。

油脂類は流さないでください

油脂類が下水道に流されますと、下水管の壁に付着して次第に閉塞してしまうばかりでなく処理場に流れてくると表面に浮き、水中内に酸素を送ることが出来なくなり、バクテリアが活動しなくなったり、バクテリアを包み込んだりして極めて大きな影響を起こします。

この記事に関するお問い合わせ先

地域整備部 上下水道課

〒949-6192
新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話番号:025-784-4853
ファックス:025-780-6072

メールフォームによるお問い合わせ