更新日:2020年08月06日

猫を飼う方へ

近年、猫を家族の一員として飼育しているご家庭も多くなってきました。さまざまなメディアでも猫の特集や動画を見かけるようになり、今や猫は「癒し」「喜び」の存在となってきています。
愛護センター等から猫を迎えてくださる方も多く、譲渡数も増加しています。
その一方で、猫に関する苦情や相談も寄せられています。
ペットの終生飼育は飼い主の義務です。猫の特性、習慣を知り、適正に飼育することにより、猫と人がよりよく共生できるように、今どきの猫の飼い方を実践していきましょう。

飼い主のいない猫の不妊去勢手術費用を補助します

 新潟県では、飼い主のいない猫の繁殖を抑制し、猫の殺処分削減を推進するため、猫の不妊去勢手術に要した経費の一部を補助しています。

補助の概要

補助対象者

県内(新潟市を除く)に生息する飼い主のいない猫を保護し、県が指定する協力動物病院(下記添付ファイル参照)で不妊去勢手術を受けさせ、手術費用を支払った県内(新潟市を除く)在住の個人または団体

補助金額

1頭あたり オス:5,000円 メス:10,000円
(注意)手術費用が上記金額に満たない場合は実費とします。

補助の詳しい内容については、南魚沼保健所生活衛生課へお問い合わせください。
南魚沼保健所 生活衛生課
電話番号:025-772-8143

この記事に関するお問い合わせ先

産業観光部 環境農林課

〒949-6192

新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話番号:025-788-0291
ファックス:025-784-3582

メールフォームによるお問い合わせ