消防団の身分

更新日:2020年02月28日

1.任命

任命権は消防団長にあり、消防団員は消防団長から任命されます。

2.特別職の公務員

消防団員は消防を本業として生計を立てているわけではありません。更に消防の仕事が副業ではありません。しかし、団員として任命されたからには立派な特別職の地方公務員なのです。

3.消防団の管理者

消防団の最高責任者は町長であり、その町長は消防団組織の運営一切を取仕切ることとなり、その権限は消防団長に委ねられております。

4.郷土愛護

「自らの郷土は自ら護る」という精神が昔からの消防の言葉でした。自分たちの住む町は自分たちで護ることが江戸の火消し以来の伝統でした。したがって、地域の住民から愛され、親しまれ、信頼されてきました。

5.規律と秩序の維持

消防団は、団員単独の行動は許されておりません。すべてが集団組織で事に当たるよう要求されます。いわゆる組織活動が主眼とされます。

6.指揮命令系統の確立

消防団は組織活動の効果を挙げるため、組織命令、服従、職掌関係を明確にする必要があります。集団や組織を運営するには、厳然たる指揮命令系統の確立と、それに服従することが強く望まれ、また、その職務が分担されます。その上、更に上下左右の協力一致が要求されます。

7.階級制度

消防団の階級は全国統一され、現在は団長、副団長、分団長、副分団長、部長、班長、団員の7階級に分けられています。そして、それぞれの職能や権限等細かいところは、町の条例や規則などで定められています。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務管理課

〒949-6192
新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話番号:025-784-3451
ファックス:025-784-1818

メールフォームによるお問い合わせ