消防団員募集

更新日:2020年02月28日

湯沢町消防団員募集のお知らせ

湯沢町消防団では新入団員を募集しています。
自分が育った町、自分が暮らす町、そして自分が働く町。そんなかけがえのない大切な町を守りたい。その思いがあれば、誰でも消防団に参加できます。
地域を知る人だからこそできることがたくさんあります。自分の町を、みんなの町を、いっしょに守りましょう。

全国の消防団員数は常備消防職員の約5倍!

  • 全国の消防団数 約2,200団(日本中くまなく配備)
  • 全団員数 約870,000人(うちサラリーマン団員70%)
  • 女性消防団員 約20,800人(女性団員は増加傾向)

気づいてほしい 消防団の本当の姿です

消防団とは?

消防本部や消防署と同様に、消防組織法に基づき、それぞれの市町村に設置される消防機関です。地域における消防防災の要として、平常時・火災時を問わずその地域に密着し、地域の安心と安全を守っています。

消防団員の待遇は?

消防本部等の職員と同じく、権限と責任を有する非常勤の地方公務員です。普段は仕事を持ち、ボランタリズム精神により入団しています。年額報酬や退職報奨金、出勤手当が支給され、公務災害補償等が受けられます。

活動の内容は?

消火活動はもちろん、地震や風水害の大規模自然災害時の救助・救出、警戒巡視、避難誘導、災害防御に当たるとともに、平常時には訓練、住民への啓発・広報活動、防火指導、特別警戒等の役割を果たしています。

女性消防団員とは?

増加傾向にある女性団員は、今後ますます必要とされる存在です。一人暮らしのお年寄りのお宅への訪問や、応急手当の普及指導、マーチングンバンドによる広報活動など、多岐にわたって活躍をしています。

地域の防災リーダー!消防団の活動の実際です

災害時の活動

  1. 消火活動 火災が発生すると消防団員は現場に駆けつけ、早期鎮火に努めます。大規模災害の場合は、近隣の消防団と連携し、より効率の良い消火を行います。
  2. 救助・救出活動 地震や風水害といった自然災害が発生した場合は、地形や道路網、世帯状況などを熟知した消防団員が、的確かつ迅速に救助・救出を行います。
  3. 防災活動 台風や集中豪雨などにより、河川の氾濫や堤防の決壊が起きないよう、土のう積みなどの防災活動を迅速に行い、地域の被害軽減に努めます。

災害時の活動

  1. 防火啓発活動 地域を災害から守るには、住民の防災意識の向上が不可欠です。まず災害を起こさない。そのために火災予防や防災指導などを積極的に行っています。
  2. 講習会等 団員が疾患やケガにすばやく対応できるよう、応急手当などの普及、指導を実施しています。それらの知識や技術は生活の中でも役立てることができます。
  3. 高齢者訪問 災害が発生した場合、高齢者には特に配慮が必要です。日常の防火訪問などを通じ、世帯状況の把握に努め、被災者を出さないよう努めています。
赤い消防車の前に活動服を着た消防団員の方々が両手を後ろに組んで整列している演習の写真

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務管理課

〒949-6192
新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話番号:025-784-3451
ファックス:025-784-1818

メールフォームによるお問い合わせ