指定ごみ袋の材質変更について

更新日:2020年02月28日

指定ごみ袋がバイオマスプラスチック製に変わります

指定ごみ袋製造先の南魚沼市では、マイクロプラスチック問題と温室効果ガスの削減、市民の皆さんの環境意識の向上に向けて、指定ごみ袋の材質にバイオマスプラスチックを採用しました。

採用するバイオマスプラスチックは、南魚沼地域がお米の産地でもあることから、お米(非食米)を含有するバイオマスプラスチックとし、株式会社バイオマスレジン南魚沼の協力により、お米(非食米)由来のバイオマスプラスチック「ライスフィルム10」としました。

これに伴い、湯沢町の指定ごみ袋もバイオマスプラスチック製に変更となります。変更後は、新旧の指定ごみ袋が混在しますが、従来の指定ごみ袋も引き続き使用できます。

変更内容の詳細

バイオマスプラスチックを採用する指定ごみ袋

南魚沼市(大和地域除く)、湯沢町の指定ごみ袋の全種類

  • 家庭用指定ごみ袋(8種類)
  • 事業用指定ごみ袋(5種類)

バイオマスプラスチックの内容

    株式会社バイオマスレジン南魚沼が製造するお米(非食米)の含有率が10パーセントの「ライスフィルム10」を採用。

切り替え時期

令和元年度下期の製造分から実施し、11月以降、南魚沼市(大和地域除く)、湯沢町の指定袋取扱店へ供給します。

販売開始時期は、取扱店の在庫状況により異なります。

販売価格

販売価格の変更はありません。

デザイン等

バイオマスデザイン
  • 新しい指定ごみ袋には、地球にやさしい循環型社会を目指した、バイオマスを使用した商品に表示される「バイオマスマーク」が記載されます。
  • ざらざらとした独特の手触りがありますが、指定ごみ袋自体の強度に問題はありません。

この記事に関するお問い合わせ先

産業観光部 環境農林課

〒949-6192

新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話番号:025-788-0291
ファックス:025-784-3582

メールフォームによるお問い合わせ