サルの行動データを活かした被害対策講演会を開催しました

更新日:2020年02月28日

サルの行動を把握できると効率的に被害対策することが可能になります。被害に遭いそうな場所を予測して、先回りして対策することも可能になります。

そこで、南魚沼市と南魚沼地域振興局は、平成25年7月14日(日曜日)、南魚沼市浦佐の「コミュニティーホールさわらび」において、新潟ワイルドライフリサーチの山本麻希さんと望月翔太さんからテレメトリー発信機を活用したサルの行動調査のやり方からデータのまとめ方、データの活用方法及びデータ活用の可能性などをお話しいただきました。

当日は、118名が参加してお二人の興味深いお話を聞きました。ここに、講演内容の一部を紹介します。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

産業観光部 環境農林課

〒949-6192

新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話番号:025-788-0291
ファックス:025-784-3582

メールフォームによるお問い合わせ