このページの先頭ですサイトメニューここから

サイトメニューここまで


本文ここから

湯沢町史のご案内

更新日:2014年10月1日

 湯沢町では町制施行50周年記念事業として湯沢町史編さん事業に取り組んできました。 平成17年度をもって終了し、全13巻の町史が刊行されました。
(湯沢町史全4巻、双書全9巻 )

刊行書名・解説

通史編 「上巻」

湯沢町史 通史編 上巻

(原始・古代・中世)
上越国境に位置する現在の湯沢町が、旧石器時代から戦国期まで、どのような歴史的発展をたどったかがわかりやすく記述してあります。
(近世)
村を舞台とした江戸時代の湯沢町のようすを、領主による支配から産業・教育・文化に至るまで、新たな視点で平易に記述してあります。

価格

4,500円

発行年度

平成17年度

刊行書名・解説

通史編 「下巻」

湯沢町史 通史編 下巻

(近代)
耕地乏しき鄙びた国境-文明と隔絶-から、20世紀は一転、これを有為な資源と転化。維新後の街道の衰微・周縁化と観光電力立町への軌跡、その条件を検証します。
(現代)
スキー中心の冬場観光から通年観光への発展、さらに「東京都湯沢町」といわれるまで大きく変貌した湯沢町の戦後の歩みを振り返ります。

価格

4,500円

発行年度

平成17年度

刊行書名・解説

資料編 「上巻」

湯沢町史 資料編 上巻

(原始・古代・中世)
湯沢町の旧石器時代から、戦国期までの歴史を解明するのに必要な資料を、精選して収載し、解説をつけました。
(近世)
江戸時代の湯沢町の姿を、宿場と温泉を軸に、豊富な資料を厳選して収載し、人々の多様な生活の様子を余すところなくとらえました

価格

4,500円

発行年度

平成15年度

刊行書名・解説

資料編 「下巻」

湯沢町史 資料編 下巻

近代)
明治から終戦まで、一次資料を採録。戊辰戦争、逓送業務、信越線開通の打撃、上越線誘致、開通、隧道工事、三俣雪崩、電源、営林、温泉・スキー、大東亜訓練所・・・
(現代)
戦後再建期の湯沢、三国街道と湯沢町の新時代、観光都市への展開、リゾート化する湯沢町を四章に分けて、戦後、湯沢町が歩んできた姿を、資料で紹介します。

価格

4,500円

発行年度

平成15年度

刊行書名・解説

双書1 「雪の湯沢」 -雪国に暮らして-

双書1 雪の湯沢

三俣の郵便逓送隊、豪雪の中の通学記、疎開者が味わった豪雪の村など、町民の体験談を収録。

価格

1,000円

発行年度

平成11年度

刊行書名・解説

双書2 「町史研究ゆざわ(1)」

双書2 町史研究ゆざわ1

荒戸城について、湯沢町のサンパクについて、宮林の橋普請と堰普請の苦労、二居本陣の年中行事など、編集委員と町民の研究や体験談を収録。

価格

1,000円

発行年度

平成13年度

刊行書名・解説

双書3 「町史研究ゆざわ(2)」

双書3 町史研究ゆざわ2

戦国魚沼の災害をしのぶ、越後の「地下鑓」研究ノート、湯沢町で分布限界の植物、苗場山の原木輸送、湯治場の四季、浅貝本陣の年中行事ほかを収録。

価格

1,000円

発行年度

平成15年度

刊行書名・解説

双書4 「湯沢の自然(1)」 -地形・地質・気象-

双書4 湯沢の自然1

湯沢の地形と地質、気象、自然災害を多角的な視点からとらえ、収録。

価格

2,000円

発行年度

平成14年度

刊行書名・解説

双書5 「湯沢の自然(2)」 -動物-

双書5 湯沢の自然2

湯沢には、里山、深いブナの林、オオシラビソの林、高層湿原など、多様な自然があり、特徴ある多くの動物が暮らしている。ここに生きる動物を解説しています。

価格

2,000円

発行年度

平成15年度

刊行書名・解説

双書6 「湯沢の自然(3)」 -植物-

双書6 湯沢の自然3

湯沢町には苗場山・谷川岳などの山岳があり、日本海側と太平洋側の気候の接点に位置するので、多様な植物が分布している。多数の写真でわかりやすく紹介しています。

価格

2,000円

発行年度

平成16年度

刊行書名・解説

双書7 「湯沢の民俗(1)」 雪の越後 -山里湯沢・三国越え-

双書7 湯沢の民俗1

湯沢の生活を、雪・山里・三国越えという視点からとらえた民族の記録。

価格

2,000円

発行年度

平成14年度

刊行書名・解説

双書8 「湯沢の民俗(2)」 人の越後 -湯の里湯沢・まつりごと-

双書8 湯沢の民俗2

雪国湯沢の民家と年中行事、女性の生活や、ハレ(祝い事)とケ(日常)の食生活をさぐる。そして、人の生涯や、民謡・芸能とムカシ語りをたずねます。

価格

2,000円

発行年度

平成16年度

刊行書名・解説

双書9 「統計資料」

双書9 統計資料

湯沢町の人口関係、産業・運輸関係、観光客関係、教育関係、町の行政・予算関係など、町の変化を知るために、多角的な視点からの統計資料を集めました。

価格

1,000円

発行年度

平成17年度

購入方法

  • 直接お求め希望の方
    「雪国館」湯沢町歴史民俗資料館または湯沢町公民館にてお求め下さい。
  • 郵送をご希望の方
    書籍名・住所・氏名・電話番号を用紙にご記入の上、合計金額を現金書留または定額小為替にて、「雪国館」湯沢町歴史民俗資料館までお送り下さい。代金到着後に着払いにてお送りいたします。
  • お問合せ先
    下記、お問合わせ先までご連絡下さい。

お問合わせ

湯沢町役場 子育て教育部教育課生涯学習係
〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2822番地
電話:025-784-2460
FAX:025-784-3737

本文ここまで

サブナビゲーションここから
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

湯沢町役場

〒949-6192 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地 代表電話番号:025-784-3451 FAX:025-784-1818
開庁時間 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)8時30分から17時15分
フッターここまで
このページのトップに戻る