このページの先頭ですサイトメニューここから

サイトメニューここまで


本文ここから

小学校・保育園連携の模索

更新日:2014年10月1日

平成16年度 湯沢保育園長 小幡裕子
 湯沢町学校教育研究協議会に仲間入りさせていただいて20年が過ぎた。保育園からは学校サイドに「いつでもおいでください。気楽にどうぞ」と申しあげてきつつも中身のある連携になっているかどうかは疑問点もあった。
 小学校・保育園連絡会議や保育士の授業参観はどこの校区でも行われてきたが、平成15年・平成16年の湯沢小学校の教員の半日に及ぶ保育参加は画期的なことに思われる。8月中にほとんどの教員が2班に分かれて朝9時から給食終了まで保育園児と共に過ごし、保育に参加していただき保育園としては感謝している。
 <遊びと生活>ばかりの保育園見学と参加で教員の方々が何に気づかれ、何を問題に思われたのか伺ってはいない。だが、子どもの成長に携わる者同士として共通理解ができるとすれば一歩前進であると思う。
 又、体験学習等で小・中・高生の保育体験も増え良いことに思う。
 学校や保育園の現場もそれぞれ矛盾や問題を抱えたまま、大人が多忙な中、教育、保育がなされている。子どもの心の成長や生きる力はすぐに眼に見えてこないが、社会問題ともいえる子ども達の現象(不登校、ひきこもり、広汎性発達障害傾向児の増など)のなくなることを願うばかりである。
 先ごろ、平成16年8月<幼稚園にカウンセラー>という報道があったが、幸い湯沢町の場合、保健センターサイドで臨床言語治療士や臨床心理士を早くに保育現場に入れており、多いに利用させていただき、指導していただいている。
 保育現場も常に新しいことを学びながら日々努力しているところである。
 保育士が国家資格となった現在も<幼稚園教諭>より下(ふさわしい言葉ではないが)に見られるが現在は幼稚園教諭も兼ね備えている場合も多い。
 なにはともあれ、高度経済成長のあおりを大きく受けている今の子どもの世界 生きる力、心を育めるよう努力していきたい。

お問合わせ

湯沢町役場  子育て教育部
〒949-6192 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話:025-784-2211
FAX:025-784-3583

本文ここまで


以下フッターです。

湯沢町役場

〒949-6192 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地 代表電話番号:025-784-3451 FAX:025-784-1818
開庁時間 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)8時30分から17時15分
フッターここまで
このページのトップに戻る