このページの先頭ですサイトメニューここから

サイトメニューここまで


本文ここから

「雪国館」歴史民俗資料館

更新日:2015年3月20日

雪国館の写真

トピックス

「雪国館」歴史民俗資料館展示物特集を更新しました。(3月24日)

  • 1階 ロマン溢れる川端康成の小説「雪国」の世界 
  • 2階 雪国の住生活コーナー(受付窓口もこちらです) 
  • 3階 湯沢町歴史民俗コーナー
  • 開館時間
  • 休館日
  • 入館料
  • 交通案内

湯沢町史のご案内

湯沢町の文化財

「天地人」直江兼続 石白古銭の枚数は全国第2位

白石古銭

  上杉謙信が急死後、養子の景勝と景虎が後続争いを始めると、景虎の実家の北条軍が越後に侵入し、石白の宝珠庵の前身といわれる泉福寺は破壊されました。泉福寺はその後景勝の重臣直江兼続が、父樋口惣右衛門兼豊の追福のため再建されたと伝えられています。
昭和46年、泉福寺に跡とみられる道路工事現場から、木箱にぎっしりと詰まった古銭169,82枚が発見されました。
続いて、昭和49年にも101,912枚が発見され、合計271,784枚になりました。この数は、全国第2位の出土数となります。これらの古銭を「雪国館」に展示しています。ぜひご覧ください。

荒戸城址

荒戸城址図面

 天正6年(1578年)の上杉謙信の急死後、養子の上杉景勝と景虎の間で家督争い(御館の乱)が起きた。坂戸出身の景勝が景虎の実家・北条家が関東から援軍を送ってくるのを警戒し、三国越えルートの最前線に築かせたのが荒戸城である。築城年代がはっきりしており、関連する資料もあるもで、全国的にも注目される中世の山城で、県の文化財に指定されている。湯沢町の芝原トンネル手前を左に入った旧三国街道沿いにある。
「冬期間は積雪がある為、見学には立ち入る事ができません。」

諏訪神社神木根を雪国館入り口に設置展示しました。

諏訪神社神木根を雪国館入り口に設置

 川端康成の小説「雪国」では、温泉湯沢の芸者駒子と小説家島村がいつかお互いに愛情を感じ近くの鎮守の森で語り合っています。その諏訪神社にかつてあった杉神木根が、「雪国館」の入り口に設置されました。杉は樹齢300有余年もあった大樹で、設置された神木根は、5年以上の歳月をかけて仕上げられたものです。
 皆様のご来館をお待ちしております。

館内のご案内

みどころ

当館は「雪国館」という名のとおり、湯沢が舞台となった川端康成の小説「雪国」と、「雪国」湯沢の暮らしぶりや歴史を中心とした展示を行っております。 中でもお勧めしたいのは、1階の“ギャラリー「雪国」日本画の世界”です。こちらには、文化勲章受賞者である高山辰雄氏の「雪國の月」、同じく文化勲章受賞者である大山忠作氏の「勧進帳」をはじめ、小説「雪国」に出てくる様々な場面を描いた14点の作品群が展示されております。 小説を読む、映画や舞台を見る、といった以上に、心に深く迫ってくる日本画「雪国」。ぜひ一度当館を訪れ、そんな「雪国」の世界を感じてみてはいかがでしょうか

1階 ロマン溢れる川端康成の小説「雪国」の世界

 みどころで紹介しました日本画14点のほかに、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった夜の底が白くなった」という小説「雪国」のあまりに有名な冒頭の一文を書いた川端康成直筆の書や、川端康成が生前愛用した貴重な品々が展示されております。 また、ヒロイン駒子のモデルと言われる「松栄」が住んでいた部屋を移築したコーナーもございます。

1階見取り図

駒子の部屋の写真
小説「雪国」ヒロイン駒子の部屋を再現

1Fギャラリー日本画の写真
小説「雪国」をテーマにした日本画14点を展示

川端康成の遺品コーナーの写真
川端康成の遺愛品

川端康成直筆の書の写真
川端康成直筆の書

2階 雪国の住生活コーナー(受付窓口もこちらです)

 こちらには、民家の茶の間を移築し、明治・大正・昭和初期頃までの生活の様子を再現しました。イロリ端に座り、先人の知恵が生きた昔懐かしい家具や道具に触れてみれば、たちまち当時へタイムスリップしたかのような気分に浸れることでしょう。

2階見取り図
囲炉裏を中心に雪国の生活を再現

囲炉裏のある茶の間の写真
茶の間

囲炉裏の写真
囲炉裏

3階 湯沢町歴史民俗コーナー

 民俗コーナーでは、四季折々の作業に合わせた道具の展示を行っております。田起こしや畑作業を始める春。養蚕に精を出す夏。収穫、そして脱穀で忙しい秋。雪に閉ざされワラ仕事や雪堀りに励む冬。特に冬の展示には、「雪国」湯沢ならではの工夫が凝らされたものがたくさんあります。 また、歴史コーナーでひときわ目を引くのは、約27万枚という全国二位の出土枚数を誇る「石白古銭」です。あまりに多いその枚数から、上杉氏の軍用金ではないかとも言われ、様々な謎とロマンを秘めた展示品となっています。 そのほかにも、三国街道関係の資料やスキー、小説「雪国」の解説パネルなど、湯沢町を語るのにかかせない展示品が豊富にございます。

3階見取り図

春のくらし「雪解けの春」
春のくらし「雪解けの春」

夏のくらし「蝉時雨の夏」
夏のくらし「蝉時雨の夏」

秋のくらし「収穫の秋」
秋のくらし「収穫の秋」

冬のくらし「越冬の冬」
冬のくらし「越冬の冬」

湯沢の歴史コーナーの写真
湯沢の歴史コーナーの写真

書籍・閲覧コーナーの写真
書籍・閲覧コーナーの写真

利用案内

開館時間

 午前9時00分から午後4時30分

休館日

 毎週水曜日(祝日の場合は翌日が休館日)
 ゴールデンウィーク中は、休まず開館しています。

 入館料

区分

個人

団体(15名以上)

大人

500円

400円

子供

250円

200円

受付窓口は、2階です。

お得なセット券のご案内

 「雪国館」歴史民俗資料館、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。雪国の宿・高半「かすみの間」(外部サイト)(新しいウィンドウが開きます。)、ホテルスポーリア湯沢内・関口コオ・ミュージアム湯沢(きり絵展)が入場できるお得なセット券『ぶらりミュージアム散歩』を販売しています。価格は通常1,300円かかるところ、1,000円で見てまわることができます。
 チケットは、「雪国館」歴史民俗資料館、雪国の宿・高半、ホテルスポーリア湯沢、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。湯沢町観光協会(外部サイト)(新しいウィンドウが開きます。)、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。湯沢温泉総合案内所(外部サイト)(新しいウィンドウが開きます。)にて販売しています。

交通の案内

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「雪国館」歴史民俗資料館案内図(外部サイト)(新しいウィンドウが開きます。)
 駐車場 普通車25台(無料)

お問合わせ

湯沢町役場 子育て教育部教育課生涯学習係
〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2822番地
電話:025-784-2460
FAX:025-784-3737

本文ここまで

サブナビゲーションここから
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

湯沢町役場

〒949-6192 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地 代表電話番号:025-784-3451 FAX:025-784-1818
開庁時間 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)8時30分から17時15分
フッターここまで
このページのトップに戻る