このページの先頭ですサイトメニューここから

サイトメニューここまで


本文ここから

童画について

更新日:2014年10月1日

「童画」という言葉は、「児童画」と混同されてきた側面もあるが、大正7年(1918年)“赤い鳥児童画文学運動”昂揚の中で、小川未明などの「童話」や北原白秋、西条八十、野口雨情らの「童謡」などに対応して、確立されてきた近代絵画の一部であり、その意味で純粋素朴の童心を基調とした絵画性、文学性、詩情・物語性とが渾然一体となった絵画ということができる。
故 久保雅勇(現代童画会名誉会員)

川上四郎記 作品「春の小川」

お問合わせ

湯沢町役場 子育て教育部教育課生涯学習係
〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2822番地
電話:025-784-2460
FAX:025-784-3737

本文ここまで

サブナビゲーションここから

越後湯沢全国童画展

編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

湯沢町役場

〒949-6192 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地 代表電話番号:025-784-3451 FAX:025-784-1818
開庁時間 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)8時30分から17時15分
フッターここまで
このページのトップに戻る