このページの先頭ですサイトメニューここから

サイトメニューここまで


本文ここから

成人男性を対象とした風しん定期接種事業(抗体検査及び予防接種)について

更新日:2019年5月12日

  • 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。
  • そのため、令和4年(2022年)3月31日までの期間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種の対象者とし、クーポン券をお届けします。
  • 対象の方には、お届けするクーポン券を利用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、定期接種の対象となります。

今年度(令和元年度)抗体検査のクーポン券を送付する方

  • 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性の方
  • 今年度クーポン券が送付されない対象者(昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性)には来年度以降送付する予定ですが、今年度に抗体検査や予防接種を希望する場合は、申出によりクーポン券を発行します。

抗体検査と予防接種の流れ

  • まず、送付されるクーポン券を使って抗体検査を受けます。
  • 抗体検査は職場や町の健康診断や病院、診療所で受けられます。
  • 病院、診療所で受ける抗体検査は予約が必要な場合がありますので、医療機関に直接お問い合わせください。

抗体検査の結果、抗体ありの場合

  • 風しんへの抵抗力があります。

抗体検査の結果、抗体なしの場合

  • 風しんへの抵抗力がありません。
  • 風しんにかかるリスクがあります。
  • 抗体なしだった場合は、予防接種を受けましょう。

抗体検査と予防接種の費用

  • クーポン券を使って行う抗体検査は無料で、その結果によって行う予防接種も無料です。

風しんについて

  • 感染者の咳やくしゃみ、会話などで飛ぶしぶき(飛沫)を吸い込んで感染します。
  • 小児は発熱、発疹、首や耳の後ろのリンパ節が腫れて、数日で治ります。まれに高熱や脳炎になって入院することがあります。
  • 成人は高熱、発疹の長期化や関節痛の重症化の可能性があります。

先天性風しん症候群とは

  • 妊娠初期(20週以前)に風しんに感染すると、赤ちゃんが先天性心疾患、白内障、難聴を特徴とする先天性風しん症候群をもって生まれてくる可能性が高くなります。

お問合わせ

湯沢町役場 健康福祉部健康増進課
〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2877番地1
電話:025-784-4560
FAX:025-784-4536

本文ここまで

サブナビゲーションここから
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

湯沢町役場

〒949-6192 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地 代表電話番号:025-784-3451 FAX:025-784-1818
開庁時間 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)8時30分から17時15分
フッターここまで
このページのトップに戻る