このページの先頭ですサイトメニューここから

サイトメニューここまで


本文ここから

登山情報

更新日:2017年6月29日

登山道情報 2017年6月29日

登山道の一部に残雪が残っていますが、おおむね夏道が歩けるようになりました。お花も最盛期を迎えています。

谷川連峰

谷川連峰

蓬新道

  林道は終点まで通行可能です。登山道は夏道が歩けるようになりましたが、一部雪渓がありますので横断時滑落に注意してください。東俣沢出会渡渉点の増水にもご注意ください。蓬峠周辺ではキンポウゲ、タテヤマリンドウ、コイワカガミが見ごろ、稜線ではニッコウキスゲも咲き始めました。蓬ヒュッテのトイレがバイオトイレになりました。蓬ヒュッテの宿泊は事前に予約が必要です。詳しくはお問い合わせください。
蓬ヒュッテ連絡先 025-787-3268(高波)

平標、仙ノ倉(元橋から)

 平標登山口駐車場は利用できます。駐車場のトイレが新しくなりました。登山道の通行に支障はありません。花は、アカモノ、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナ、ナエバキスミレ、ハクサンイチゲ、チングルマ、ハクサンコザクラ、ミヤマキンバイ、イワイチョウなど。平標山乃家は営業中です。
平標山乃家連絡先 090-7832-0316

三国山

 三国トンネル湯沢側ではトンネル工事のため駐車帯が狭くなっていますのでご注意ください。大型バスは湯沢方面へ6キロほどのところにある二居除雪ステーションに駐車をお願いします。二居除雪ステーションにはトイレ・自動販売機があります。

茂倉岳

 茂倉新道登山口駐車場へ駐車して下さい。登山道は異常ありません。茂倉岳避難小屋は玄関扉の開け閉めに力が要りますが上手にご使用ください。小屋裏の水場は残雪があり使用できません。花はアカモノ、ショウジョウバカマ、ミツバオウレン、ハクサンイチゲ、タテヤマリンドウ、ハクサンチドリ、チングルマ、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウなど。

大源太山

 登山道、林道とも異状ありません。時々、林道に落石がありますので注意して通行してください。渡渉点が2か所あります。川の増水にご注意ください。

谷川岳

 問合せ先 谷川岳登山指導センター 電話:0278-72-3688

苗場山

苗場山

赤湯

 林道は小日橋から先、車両通行止めとなっています。小日橋手前に駐車してください。赤湯までの登山道は通行可能です。昌次新道は苗場山頂から赤湯方面への下り口(鎖場)は巨大雪庇が残り、通行できません。赤湯山口館は営業中です。
赤湯山口館の連絡先 025-772-4125(山口)

祓川ルート

 祓川登山口駐車場とトイレはご利用いただけます。和田小屋から神楽ケ峰間と山頂部には残雪があります。ピンクの目印も多数つけてありますが、悪天時迷いやすのでご注意ください。花はナエバキスミレ、サンカヨウ、ツマトリソウ、ミツバオウレン、ツガザクラ、タテヤマリンドウ、ツバメオモトなど。和田小屋は営業中です。
和田小屋(かぐらスキー場)025-788-9221 

小赤沢コース

 苗場山自然体験交流センター(山頂ヒュッテ)は営業中です。
 ご予約先⇒栄村役場秋山支所 電話:(025)767-2202 
 <電話対応受付時間>平 日:8:30~17:00まで   土・祝日:9:00~16:30まで 日曜休館(5月~10月25日まで)
  ※日曜休館の場合、宿泊変更のお急ぎの方は震災復興記祈館「絆」0269-87-2200へおかけ下さい。

トレッキングコースなど

トレッキング

トレッキング湯沢1

 清津川の河川工事に伴い、駐車場と登山口の場所が変わりました。現地の誘導に従ってください。駐車場に仮設トイレがあります。八木沢駐車場~フィトンチッド広場~栄太郎峠までは通行可能ですが、栄太郎峠~アルプの里間は大雪で壊れた登山道の補修作業中、7月1日開通予定です。フィトンチッド広場~鹿飛橋間は危険個所が多く上級者向けです。

トレッキング湯沢2

 通行に支障ありません。

飯士山

 通行に支障ありません。

お問合わせ

湯沢町役場 産業観光部
〒949-6192 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地
電話:025-784-4850
FAX:025-784-3582

本文ここまで

サブナビゲーションここから
編集

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

湯沢町役場

〒949-6192 新潟県南魚沼郡湯沢町大字神立300番地 代表電話番号:025-784-3451 FAX:025-784-1818
開庁時間 月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)8時30分から17時15分
フッターここまで
このページのトップに戻る